キャッシングの契約での年収の嘘は禁物

キャッシングを申込む際に必要な情報として、収入、年齢、他からの借入状況があります。このうち、年齢については身分証明書で確認がされますし、他からの借り入れについては消費者金融や金融会社が共同で管理運営している情報管理会社によって調べることになります。ただし、キャッシングの利用限度額が少なかったり、サービス会社の判断によっては、年収は自己申告である場合が多く、所得証明を必要としないことも多いようです。
キャッシングサービスにおいて年収はとても大事な情報です。現金を借りるキャッシングは法的に、年収の三分の一位を超える金額を貸してはならず、貸した会社にも罰則があります。そのため、各社とも、年収と他からの借り入れについて厳密に調査をするようです。しかし、年収については、他からの借入が無い、または、少額の場合は所得証明までは提出を求めない事も多いようです。
所得証明書を求められないからといって、所得をごまかす、嘘をつくことは絶対に避けなくてはいけません。嘘をついて年収を上乗せしたとしても、契約更新の際に借入が増えていれば所得証明の提出を求めることもありますし、他からの借り入れがある場合は、年収についても登録していることもあり、申告との差が激しい場合は、最新の所得証明を求めることもあるようです。
キャッシングにかぎらず、ローンなどで自己申告を求められる際は、調べればすぐに分かることだけども審査を早くするために申告だけにしてもらっていると考え、絶対に嘘を付くことのないようにすべきです。