カテゴリー別アーカイブ: 未分類

キャッシングの際の借入利率表記は実質年率以外は違法

キャッシングを申し込む際に注意事項として書かれていることがあります。それは、利用限度額と借入時の利率です。しかし、借入利率表記について、実質年率ではない、借入金額での利率のみを記載しているキャシングサービスがあるようです。基本的には、残債における実質的な年率を記載しなくてはいけませんが、低金利をうたっている場合などに違法ではありますが、借入利率表記を実質年率ではなく表記をしているサービスがあるようです。
キャッシングにおいての利率は、借り入れた際の金額についての利率と、残債も含めた金額においての利率と2つの表記があります。また、月割の利率と、年間を通じての利率でも差がありますが、こちらについても低くなる月単位での利率表記をしているキャッシングサービスがあります。
法的には、実質年率を記載しなくてはいけません。キャッシングの申告書や説明書には小さな文字で実質年利はいくらと記載されていることもあるので、注意が必要です。
キャッシング以外でも、ローンを借りる際には実質年率であるかを確認することをオススメします。キャシングではなく、クレジットで物を買った場合でもリボ払いや分割払い、ボーナス払いなど、さまざまな支払い方法ごとに利率の表記が違うこともあります。最終的に支払う利率は実質年率ですので、高額な商品や高額のキャッシングをする際には特に注意が必要です。実質年率と他の利率との差が数パーセントあることも珍しくありません。思った以上に借入総額が増えてしまったと嘆く方も多いので、表記されている利率は実質年率かどうか、普段から確認する癖をつけることをオススメします。