(大崎さん(仮名)/37歳男性/鳥取県在住/職業:語学教師)

自宅を利用して中学生以上を対象にした英語教室を営んでいる私ですが、最近ある事で悩まされています。
それは近所に住む人から、授業中や終わった後の生徒の声が大きくてうるさいという苦情が寄せられている事です。
当初は苦情が来るたびに頭を下げて謝っていたのですが、これでは解決になりません。
そこで思い切って自宅の敷地内に防音室を作り、それを教室にする事にしました。
防音室で授業をすれば近所に迷惑をかけることはないでしょう。
幸いにも私の教室に通う生徒の親が建設を引き受けてくれたので、建設業者の心配はいりません。
しかし、そのための費用が少し足りません。
そこでキャッシングを利用して不足分にあてる事にしました。
ここで重要なのが利率です。
利率はわずかな差のように思えるかもしれませんが、長期にわたって利用したり、金額の大きさを考えると少しでも有利な会社を選んだ方が負担が少なくなります。
この手間を惜しんでしまうと、後の返済で苦しくなることは目に見えています。
複数のキャッシング会社を比較した私は、その中から自分に一番合った会社を選んで融資の申し込みをしました。
そして、キャッシング会社から融資を受けた私は頼んだ建設業者に防音室を作ってもらいました。
こうして完成した防音室で授業を再開した私に、近所からの苦情はピタリとやみました。
これで近所に迷惑をかけずに済みます。
やはり、キャッシングを利用してでも防音室を作った事は正解でした。
返済の方も利率を考えて会社を選んだことで順調に進んでいます。